糖化ストレスを軽減して肌の潤いを保持するサプリ 【マンゴスティア】 の科学的根拠を解説

創立100年製薬会社が開発した肌の潤いを保持する日本初の機能性表示食品 【マンゴスティア】 科学的根拠について解説します。詳細は、消費者庁が運営しているデータベースから閲覧できますが、英語の学術論文*を引用しているため、専門的知識を持っていない人が理解することが難しいので、できるだけ分かりやすく解説してみました。肌ケアのサプリメントでお悩みの方のご参考になれば幸いです。本ページはアフィリエイト広告が含まれますが、できるだけ客観的な説明に心掛けています。

* Glycative Stress Research 5, 95-103, 2018

科学的根拠となる論文の要点

■ 対象者
皮膚のたるみやくすみなどの状態に自覚症状のある、20歳代から50歳代の健常な日本人女性

■ 方法
マンゴスチンエキスを1日に200mg(カプセルで2粒)を摂取した群(19名)と摂取していない群(19名)を比較して統計的に有意な差があるか試験した。

■ 結果

  • 糖化ストレス(血清ペントシジン濃度)は、マンゴスチンを摂取して8週間目に低下した
  • 頬の皮膚水分量(Corneometer)は、マンゴスチンエキスを8週間以上摂取すると増加した
  • 血管の硬さ(API)は、マンゴスチンを摂取して8週間目に改善した

■ 結論
マンゴスチンエキスを毎日200mg、8週間以上摂取することによって、糖化ストレスを軽減し、皮膚(頬)の水分量を増やし、血管の硬さを改善すると考えられます。

マンゴスティアの潤い

皮膚のたるみやくすみなどの状態に自覚症状のあるなら、 【マンゴスティア】 をまずは8週間継続してみると、よさそうですね。

以上の内容は、論文を要約したものであり、疾病の診断・治療・予防を目的としたものではありません。分かりやすさを重視しており、専門的な記述は避けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です