栄養が偏っている方に合ったサプリメント(ビタミン・ミネラル・プロテイン)の選び方

自分に合ったビタミン・ミネラル配合プロテインを選択するツールを公開

1人暮らしの方やお仕事が忙しい方で、どうしても食事が偏ってしまう場合、ビタミン・ミネラル配合プロテインで手軽に栄養補給することをお薦めします。ここでは、アマゾンで “ビタミン入りプロテイン” と検索してヒットしたプロテイン(粉末で水に溶かして飲むタイプ)10品目について、ビタミン、ミネラル、たんぱく質の配合量が多い順に並べて選択できるツールを公開します。足りないかも、と気になっているビタミン・ミネラルをチェックボックス □ で選択し、ボタンを押して、配合量を多い順に並べてみて下さい。商品購入のご参考になれば幸いです。スマホは横向き推奨です。

気になる栄養素を選択

たんぱく質 筋肉や血液などをつくる
ビタミンA 夜間の視力の維持と皮膚や粘膜の健康維持を助ける
ビタミンB1 皮膚や粘膜の健康維持や脳神経系の正常な働きを助ける
ビタミンB2 皮膚や粘膜の健康維持を助ける
ビタミンB6 皮膚や粘膜の健康維持を助ける
ビタミンB12 葉酸と協力して赤血球の形成を助ける
ビタミンC 皮膚や粘膜の健康維持を助ける
ビタミンD カルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける
ビタミンE 体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける
ナイアシン ステロイドホルモンの生合成、DNAの修復・合成に関わる
葉酸 赤血球の形成を助ける
パントテン酸 糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギー産生に関わる
赤血球を作るのに必要な栄養素
カルシウム 骨や歯の形成に必要な栄養素
マグネシウム 骨や歯の形成や血液循環を正常に保つのに必要な栄養素

↑ の商品名をクリックするとアマゾンのページへ移動します。
↓ のリンクもご利用ください。

イギリス発の世界で大流行スポーツ栄養ブランド【Myprotein】も人気があります。






必要なビタミンの量って、分かっていますか?

「ビタミンE が 1 mg入っています」と書いてあっても、その量が自分にとって十分多いのか、まだ足りないのか、よく分からないと思います。そこで、厚生労働省が公表している「日本人の食事摂取基準」(2020年版)から、各ビタミン・ミネラルの1日の推奨量や目安量のどれくらいを補うことができるのか可視化するツールを作成しましたので、ご参考にしてみて下さい。
・ 18~29歳の方は、こちらのページへ
・ 30~49歳の方は、こちらのページへ
・ 50~64歳の方は、こちらのページへ

過去のブログで、食事とプロテインを組み合わせた場合について、
カップ麺とプロテインを摂った時の栄養状態
コンビニ弁当(中華丼)とプロテインを摂った時の栄養状態
投稿しているので、ご参考まで。

プロテインマイスターを目指しますか?

一般社団法人日本プロテイン協会が認定する民間資格でプロテインマイスター があります。プロテインの正しい知識と理解を深め、健康で楽しいライフスタイルを発信することができます。ウェブ上のテキスト学習で、プロテインの基礎知識や、アスリートのためのプロテインや、関連法規などについて幅広く身に着けて、オンラインの試験に合格すれば取得できます。残念なことに、食品業界では科学的根拠がない情報が溢れています。もしあなたが情報を発信するなら、資格や経歴などを持って、信頼を得ておいた方がいいでしょう。

仙豆をご存知ですか?

ドラゴンボールの仙豆のように、手軽に栄養補給できたらいいですね。さらに、仙豆は怪我も治るようですね。

ドラゴンボール 仙豆1
ドラゴンボール 仙豆2
ドラゴンボール 仙豆3

本ツールは、2021年1月にアマゾンで検索した結果に基づいて作成しました。商品の詳細等については各販売店やメーカーにご確認ください。
本ページは、過度に「健康食品」に期待し、「健康食品」の摂取を偏重する意図はありません。食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、バランスの取れた食生活を目指しましょう。
本ページでは、コミック『DRAGON BALL』8巻を引用させて頂きました。引用した画像・文章の著作権は、作者の鳥山明様および出版社の株式会社集英社に帰属します。本ページの作成者Dr. 謙くんは、その著作権を侵害する意図を持っておらず、敬意を持って引用しております。本ページの内容は、栄養補給に関する紹介が「主」であり、その補足説明のために引用した部分が「従」だと認識しております。ドラゴンボールの世界観を知る者どうしが共感するために必要で最小限の範囲で引用しました。引用について細心の注意を払っておりますが、万が一、権利者様の権利を侵害する場合はお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です